滑舌の悪い私が改善出来た方法とは?

「お前、何しゃべってるか分からない。」

私は家族や友人によくそう言われました。それくらい私は滑舌が悪いのです。おまけに声は小さい方ですしどもったりする事も多々あります。私はそんな自分が本当に恥ずかしかったです。

 

しかし滑舌の悪さは、ある練習する事で改善させられます。滑舌が最悪に悪い私でも改善出来ましたので、今回はその解説していこうと思います。

 

私は言語聴覚士のような専門家では無いので、そういった答えを求めている人には今回の記事は役に立ちませんが、専門家に見てもらうほどではないという人は、ぜひこのまま読んでみてください。

 

滑舌悪い私でも改善したのは、解説動画で話まくったから

話すのが絶望的に苦手な私でも、実はこれまでにYoutubeの解説動画を80本ほど作ってきました。今日81個目の動画を作りましたが1つはっきり分かった事があります。

 

それは、どんなに話す事が苦手であっても、量をひたすらこなせば一定のレベルまでクオリティを上げられるという事です。あくまで一定のレベルですが、アナウンサーやナレーターになる訳ではないので、それで十分です。

 

 

 

滑舌が悪いのを改善するのは、量質転化の法則

私はだいたい7~8分の動画を1時間くらいで作っています。スライド作ってサムネイル作って、動画を録画して編集するとそれくらいかかります。これはかなり遅い方かもしれないけど私にしたらかなり早くなったんです。

 

何せ初めの頃は、8分の動画を録画して編集するという作業だけで2時間くらいかかっていたからです。それくらい滑舌が悪くて何言っているか分からず、何度もトークを撮り直したからです。

 

例えば「独自の世界観が重要です」という言葉が言えずに10回くらい言い直したりとか。なので鬼のように編集作業が永遠と続くわけです。

 

「8分の動画作るのに2時間!?宮竹はどんだけ話が苦手なんだよ」と思われて当然ですね。おまけに初期の動画を見てみると「お通夜ですか?」とツッコミたくなるくらい元気がない。

 

証拠として初期の動画を貼っておきます。本当に恥ずかしくて消してしまいたい動画ですが、私と同じように話すのが苦手という人に勇気を与えられると思い公開しますね(笑)

 

これでも鬼の編集作業で、きれいに繋げていますので、もう本当に何度噛んだか分からないし、滑舌悪い所は何十回と録音し直しています。

 

 

 

ちなみに、この動画は制作時間が3時間くらいかかった動画です。このレベルで3時間ですよ。自信なさげなのが良く分かりますね。さらにトークがしょぼいのに、妙にかっこつけて話してます(笑)。あー恥ずかしい・・・。

 

ノウハウは本物だったとしても、トークがこのように最低だとノウハウもゴミのように感じます。しかし、量をこなせばクオリティは上がるというのがはっきり分かってもらえたのではないでしょうか。

 

まさに量質転化の法則(論理)は正しかったという事です。こんな私でも何とかある程度のレベルまでは話せるようになったのですから。

 

誰でも膨大な量をこなせば、質は高められるのです。

 

もちろんトーク上手い人に比べたら恥ずかしいくらいのクオリティですが、過去の自分と比べたらすごい変わったなと思うんです。やった事といえばただただ、動画を量産しただけ。

 

どんなに凡人でも不器用でもそれが苦手であっても、量をこなせばレベルは上がるという事を証明出来たと思います。1万時間何かに取り組めば、その道のプロになれるという話もウソではないようですね。

 

量質転化の法則の具体例

今回の動画の話はまさに量が質に転化した具体的事例です。でも今思えば過去にも同じような経験がありました。ガーターばかりでスコアが40前後だったボウリングも、アルバイトをして投げまくったら200前後は余裕で出るようになった事もありましたね。

 

ボウリング初心者でもスコア200を叩き出す投げ方

 

運動神経0の私でもそうなったので、やはりこれも量は質に変わるという具体的事例です。

 

そして私はヘアサロンを営んでいますが、ヘアカットも絶望的に下手でした。カットに失敗して女子高生に泣かれた事もありますし、男性客からは、怒鳴られてむなぐらを掴まれた事も新人の頃にはありました(泣)

 

しかし10年以上髪を切っていると、さすがに量が質に変わってきて県外からもお客さんが来店してくれるようになりました。「手先は元々不器用なんですよ~。」と言ってもお客さんは誰も信じてくれません。

 

滑舌の悪い私が改善出来た方法 まとめ

ちょっと話がズレてしまいましたが、とにかく滑舌の悪さを改善するには「ひたすら話す事」も1つの方法だと私は思います。ちょっとやっただけではダメですよ。

 

普通の人ならそこまでやらないでしょ?というレベルで練習すれば、滑舌だけでなく色々な事が改善出来ると私は確信しています。

 

不安になることは何もありません。量をこなしさえすれば質に変わっていくのですから。不慣れなことは慣れて普通になります。アメリカに嫁いだ私の姉の名言は「人間、慣れない物は何もない」です(笑)

 

アメリカの食事、コミュニケーション、習慣、本当に初めは大変だったらいしいのですが、慣れない物はないそうです。だから何も心配せずに動画を作りましょう。文章を書きましょう。人間、慣れない物は何もないのです(笑)

 

 

 

====================

 

転職10回の超ダメ人間の宮竹に

待っていたのは、トイレ禁止、

食事休憩2分、の超絶ブラック企業。

4年のパワハラで精神は崩壊寸前。

 

そこからどうにか抜け出す為に

宮竹はヘアサロンで独立開業。

しかし来客0の日々を繰り返し

不安、恐怖、後悔、に潰されそうになる。


しかし愛娘の応援と協力で一念発起。
 

コピーライティングを駆使し、

自転車ポスティング8000枚。

成約率は何と2.5%を超え、

実店舗ビジネスで成功しました。

 

実店舗ビジネスで成功した後、

得意のライティングを活かし

ブログ・メルマガでも月収30万円

をクリア。年収は雇われ時代の

2倍以上になりました。



もっと詳しい実践的なノウハウはメルマガで公開しています。さらに、私がブログやメルマガで稼げるまで実践してきた方法をレポートにまとめましたので、メルマガ登録された方にプレゼントさせて頂きます。


さて、そろそろ人生変えますか!

 メルマガ無料登録は今すぐこちらから!