こんにちは宮竹です。今回はこれまた凄い威力を発揮する「社会的証明」ですね。これもめちゃめちゃ重要な販売テクニックです。赤信号みんなで渡れば怖くないみたいな感覚で悪い事も釣られてやってしまったり、高額な商品を買ってしまったり、とにかく悪用厳禁な販売手法です。

 

ではさっそく解説します。

 

 

 

購買心理に強く働く「社会的証明」とは?

 

社会的証明とは簡単にいうと大多数の人間の行動に自分の行動を合わせる事です。

 

社会的証明の具体例①アマゾンのレビュー

 

アマゾンや楽天などで何か商品を買う時、最後の決め手になるのが商品レビューですよね。沢山の人が高い評価をしていると安心して商品を変えますし、それほど興味がない商品でも興味が出て来ますよね。

 

社会的証明の具体例②ラーメン屋の行列

 

食べたことがないラーメンでも沢山の人が行列を作っていたら食べたくなりますよね。スーパーやデパートでも行列が出来ていればとりあえず並んでみるという人も確実にいます。何を売っているのかわからなくても(笑)

 

社会的証明の具体例③コンビニのトイレ

 

これも有名ですよね。「いつもトイレを綺麗に使って 頂きありがとうございます。」という張り紙はもう当たり前になってきました。あの張り紙が反対に・・・「トイレを汚く使う人が沢山いて困っています。」と書いたらまったくの逆効果になります。

 

「沢山の人が汚く使っているなら自分も汚く使ってもいいだろう」という心理作用が働くわけです。

 

アフィリエイトなどの高額塾で行われている事

 

例えばアフィリエイト高額塾のプロモーションなどは、どうやって成功させているかというと、とりあえず無料ノウハウ動画をプレゼントしておいて「続きの動画はコメントを書いてくれた人だけにプレゼントします!」という感じで大勢の人から沢山のコメントをもらうわけです。

 

沢山コメントが書かれているとまるでアマゾンのレビューのように見えてきます。(社会的証明です。)そして、ついつい自分もコメントしてしまったり、高額塾に入ったりしてしまうわけですね。

 

1回でもコメントするとコミットメントと一貫性の法則も働いてしまうのでそうなる可能性が高いわけです。

購買心理と販売テクニック②「コミットメントと一貫性」

 

さら「もうすでに30名以上の方に塾の先行予約を申し込んでもらっています!」などと言われるとこれまた社会的証明の心理作用が働いて、自分の高額塾に入りたくなるわけです。

 

「それだけ多くの人が良いと思っている塾なら間違いないのかも!?」と思ってしまうんですね。怖いですね~。

 

社会的証明 まとめ

 

今回の記事で社会的証明は分かったと思います。なので逆にやってはいけないのが、「今回の企画はあんまり人気無いみたいであまり参加する人がいませんが、参加しないと後で必ず後悔する事になると思います。」みたいな事は絶対に書いてはいけないという事ですね。

 

まあそんな事書く人はいないと思いますが(笑)

 

社会的証明はビジネス以外でもありとあらゆる所で経験します。ぜひ、どんな時にこの心理作用が働くのか観察してみてください。ではまた!

 

 

 

====================

 

転職10回の超ダメ人間の宮竹に

待っていたのは、トイレ禁止、

食事休憩2分、の超絶ブラック企業。

4年のパワハラで精神は崩壊寸前。

 

そこからどうにか抜け出す為に

宮竹はヘアサロンで独立開業。

しかし来客0の日々を繰り返し

不安、恐怖、後悔、に潰されそうになる。


しかし愛娘の応援と協力で一念発起。
 

コピーライティングを駆使し、

自転車ポスティング8000枚。

成約率は何と2.5%を超え、

実店舗ビジネスで成功しました。

 

実店舗ビジネスで成功した後、

得意のライティングを活かし

ブログ・メルマガでも月収30万円

をクリア。年収は雇われ時代の

2倍以上になりました。



もっと詳しい実践的なノウハウはメルマガで公開しています。さらに、私がブログやメルマガで稼げるまで実践してきた方法をレポートにまとめましたので、メルマガ登録された方にプレゼントさせて頂きます。


さて、そろそろ人生変えますか!

 メルマガ無料登録は今すぐこちらから!