ども、宮竹です。

お金持ちの所にお金が集まり

貧乏がさらに貧乏になって

苦しくなるのは、いったい

どういう事なのか?

その違いが分かったので

記事にしまっす。

 

一つの事を突き詰めて、その後に横展開すれば富は集まる

 

自分の経験からすると

興味があることを何でもやってみる

というのは大事なことだけど、

 

ず~っとそれだけだと

当たり前ですが、収入が増える

ということはありません。

 

何か1つ、仕事でも趣味でも

自分の軸を作って、それに集中して

スキルを突き上げていくのが

第一段階かと思います。

 

「縦展開」と呼ばれていますが、

まずは1つのジャンルで

積み木を積むように

縦にスキルを伸ばしていきます。

 

それが出来たら、

今度は「横展開」します。

 

分かりやすい例だと、

ジャズピアノのスキルを極めたら

レッスンの講師が出来ますよね。

 

そうすると、相乗効果が出始めて

人に教えることで、自分の演奏も

スキルアップしたりします。

 

演奏がスキルアップすれば

もっと深いことを人に教えられます。

そうなると、収入も上がるのは

間違いありません。

 

これはビジネスにも通じていて

1つの事業が上手くいけば

他の事業も当たり前のように

上手くいきます。

 

(全てそうなるわけではないですが)

 

成功した要素というのは

他のジャンルでも使えるし

相乗効果も生まれるからです。

 

有名な起業家さんを見ていると

よく分かりますよね。

 

島田紳助さんなんかも、

お笑いを極めて、

人の心を掴むことを極めたから

 

アパレルや飲食店、さらには

プロデュース業も成功させました。

 

なので金持ちはますます

金持ちになると言えます。

 

 

ほぼ全ての世界は繋がっている

 

ではなんで

そんな事が可能なのかと言うと

ほぼ全ての物事、世界というのは

高い次元で1つに繋がるからです。

 

これは何もビジネスに限った話

ではなくて、身近な所でも

その法則は成り立っています。

 

全ては1つに繋がるのです。

 

だから応用が効きます。

まったく関係のないジャンルでも

応用出来るし、相乗効果も生まれて

全てが成長、新化していきます。

 

 

「ジャズピアノ」と「英会話」も高い次元で1つに繋がる

 

私の場合、最近では

ジャズピアノと英会話って

凄い似てるな~と思いました。

 

私は英語はまったく話せませんが

英語を話せる人にコツを聞くと

ジャズピアノのアドリブ演奏と

凄い似てるな~と思ったのです。

 

なので、私がもう少し

ジャズピアノのアドリブ演奏が

出来るようになれば、

英会話もわりとすんなり

覚えられるのではないかと思います。

 

始めにジャズピアノのスキルを

縦に積み上げて、その後で

横展開すればいいわけです。

 

今の段階ではジャズピアノの

レベルは低いので、横展開しても

英会話のスキルは殆ど身に付きません。

 

でも、このままジャズピアノの

レベルを縦に積み上げていけば

英会話はもちろん、それをビジネスに

応用することだって出来るはずです。

 

 

ジャズピアノと英会話の共通点

 

私は3ヶ月くらい前から

ジャズピアノを習っていますが

何とかアドリブ演奏らしき物が

出来るようになってきました。

 

まあ先生の演奏を聴くと

自分のショボさに落ち込みますが(笑)

 

で、瞬間的にメロディを作る

魔法のようなアドリブ演奏が

少しでも出来るようになったのは、

色々な要素があります。

 

その要素が以前人から聞いた

英会話のコツに似ているんですね。

 

まず、アドリブ演奏が出来た

要素をいくつか上げてみたいと

思います。

 

①アドリブのロジックを学んだ

②フレーズを沢山覚えた

③プロの演奏を聴きまくった

④お金を投資した

⑤反復練習した

 

アドリブのロジックを学んだ

 

魔法のようなアドリブ演奏ですが

実はロジック(論理、理屈)が

もちろんあって、そのルールに

沿ってアドリブ演奏は成り立っています。

 

なのでそのロジックというか

全体的な仕組みというか、

そういった物を理解する必要があります。

 

英会話で言えば、文法ですよね。

やはり英単語だけ知っていても

文章がルールに沿って成立しないと

会話がめちゃめちゃになります。

 

②フレーズを沢山覚えた

 

フレーズというのは、

1つのメロディをさらに細かく

分けた1つの小さな塊のような

音ですね。

 

ドレミ、ミファソシ~

とかでも立派なフレーズです。

 

この小さな塊の音を

色々とつなぎ合わせると

メロディになり曲になります。

 

このフレーズは、英会話で言うと

英単語に当たるかと思います。

 

先ほど説明した通り、英単語だけ

覚えても英会話は出来ませんが、

単語を覚える事は

決して無駄にはならず、

それが活きてくる時が来ます。

 

英会話もアドリブ演奏も

細かく分解していくと

構成しているのは

英単語やフレーズですからね。

 

それらを覚えるのは重要です。

 

③プロの演奏を演奏を聴きまくった

 

う~ん、これも超重要。

レッスンの先生の演奏であったり

有名ジャズピアニストのCDや

YouTubeを聴きまくりました。

 

これをやっていると、

アドリブの全体的な雰囲気というか

ノリとか流れが把握出来ます。

 

英会話なら、ネイティブの会話を

聴くことがこれと同じでしょうね。

 

何度も聴けば、正しい発音とか

全体的な会話の成り立ちとかが

分かるはずです。

 

全体的な流れや仕組みが

分かってくると、

フレーズや英単語をいつ使えば

いいのかが分かるようになります。

 

一生懸命に

音楽理論や文法だけ勉強しても、

本物の演奏や英語にはほど遠い

独りよがりの表現になってしまいます。

 

やはり本物に多く触れる

というのが大事ですよね。

 

④お金を投資した

 

私はずっと安月給で

ジャズピアノのレッスンなんて

とても受けられない時代が続きました。

 

ありがたい事に

今では生活に余裕が出てきたので

お金をレッスンに当てられたのは

本当に大きいと思います。

 

やはり独学は遠回りで

時間がとてつもなくかかります。

 

プロのジャズピアニストさんに

今は習っているので

やはりめっちゃ時間の短縮になります。

 

今までアドリブ演奏に

何十時間も苦労していたのは

いったい何だったんだろう?

と本当に思います。

 

英会話もお金を投資して

レッスンを受けたり、

日本人のいない所に留学とか

すれば最速で英会話はマスター

出来るのは言うまでもありませんよね。

 

⑤反復練習した

 

やはりジャズも英会話も

1度練習したくらいじゃ

まったく身につきません。

 

もう繰り返し繰り返し

反復練習あるのみです。

 

それだと効率よくスキルを

身に付けられないじゃないか!

結局反復練習かよ!

 

と思われるかもしれませんが、

やはり何事も反復練習です。

反復練習を必要としないスキル

なんて何一つありません。

 

もしあったとしても

それは大したスキルではないし

スキルと呼べる代物ではありません。

 

大事なのは正しいやり方で

効率良く反復練習するという事。

 

ふー、

やっと前置きが終わりました(笑)

ここからが重要ポイントです。

 

 

過去の成功した出来事を思い出し、抽象化する

 

この記事では

何が言いたいかというと

 

あなたの中で何か1つでも

成功したような事があったら

それを上手く応用して欲しい

という事。

 

そして、

色々な世界の仕組みは

ビジネスに応用出来るよという事。

 

漫画でも映画でも

アイドルでもグルメでも

それをあなたのビジネスに

使うことが出来ます。

↓参考記事

AKB48が48人の理由、それには意外な秘密があった。

 

今回はテーマから少しずれるので

それは省略して、

あなたの中の成功事例を応用する

事にスポットを当ててみます。

 

やり方は簡単で、

余計な情報を削ぎ落として

本質だけ見るようすればいいんです。

 

ジャズのアドリブ演奏のコツは、

 

①アドリブの理論、仕組みを学んだ

②フレーズを沢山覚えた

③プロの演奏を聴きまくった

④レッスンにお金を投資した

⑤ピアノ反復練習した

 

こんな感じでしたが、

これの余計な情報を削ぎ落として

本質だけ抜き取ります。

 

すると・・・

 

①全体的な仕組みを学ぶ

②構成要素を1つ1つ学ぶ

③成功している人を真似る

④お金を投資して効率よく学ぶ

⑤アウトプットを繰り返す

 

上記の物が、

本質だけ抜き取った要素

になります。

 

ちなみにこういった作業を

「抽象化」といいます。

 

この抽象化をすれば

色々な世界の仕組みなどを

自分のスキルに役立てることが

出来たり、ビジネスモデルにも

出来たりします。

 

 

抽象化した物を具体化すれば、成功論が完成する

 

まあ、言うまでもありませんが

抽象化したものを

今度は具体化すればいいんですね。

 

例えば

私がコピーライティングを

効率よく覚えたい場合、

 

さきほどの要素に当てはめて

行動していけばいいわけです。

 

 

①全体的な仕組みを学ぶ

②構成要素を1つ1つ学ぶ

③成功している人を真似る

④お金を投資して効率よく学ぶ

⑤アウトプットを繰り返す

 

 

①コピーライティングの論理や

全体的な「仕組み」や「型」

などを学び、

 

②構成要素の

ヘッダーや見出し、ベネフィット

心理誘導、お客さんの声、

などを1つ1つ勉強して、

 

③成功している人の

コピーライティングを読んだり

真似たりして、

 

④教材や書籍を買ったり

コンサルを受けたり

お金をしっかり投資して、

 

⑤あとはひたすら反復練習。

 

何が1つ欠けても、

効率よくコピーライティングは

身につかないでしょうね。

 

ジャズピアノのアドリブ演奏も

そうだったので、

私には分かります。

 

例えば、コピーライティングは

全体的な流れや仕組みが

分かっていなければ、

心理誘導などのテクニックを

勉強しても無意味です。

 

また、全てを理解していても

アウトプットして反復練習

しなければ使いものになりません。

 

コピーライティングに限らず

サラリーマンの仕事でも、

学校の勉強でも家事でも、

ブログ運営でもアフィリでも

全部同じです。

 

突き詰めて考えれば

高い次元で1つになります。

 

何か1つあなたの中で成功事例が

あれば他のジャンルで使えます。

 

抽象化して具体化するという

事をすればいいだけなんです。

 

もちろん、初めの軸となる物を

高めれば高めるほど、

横展開した時も、同じレベルで

あなたのスキルとなります。

 

結局結果が出ない場合、

1つの事に集中せずに、

色々な事に手を出しすぎている

可能性が高いです。

 

まさしく、昔の私ですね(笑)

 

 

最後に

 

あの有名な聖書には

 

富む者はますます富むであろう

貧しい者はますます奪われるだろう

 

みたいな事が書いてあります。

 

聖書と言えば、道徳っぽい事が

書いてあるイメージですが、

何だか難解なメッセージですよね。

 

でも今回の記事を書いていて

何となく意味が分かりました。

まあこれが全ての意味だとは

思いませんが・・・。

 

1つの事を頑張って成し遂げれば

他の事でも成功しちゃうよ~

というメッセージなのかもしれません。

 

その結果、成功者には

ますます富が集まるのでは

ないでしょうか?

 

私も実店舗の商売を

軌道に乗せたら

ブログでも収益が出るように

なりましたしね。

 

何にも頑張らないで

何1つ成し遂げていない人は

ますます貧乏になって

苦しくなるよ~

というメッセージなのかも。

 

昔の私は本当にそうでした。

嫌なこと苦しいことから逃げて

何1つ成し遂げていませんでした。

 

何か1つ、とりあえず1つ、

小さな目標でも成し遂げれば

現実は大きく変わっていくと

今は思っています。

 

ではまた!

 

 

====================

 

転職10回の超ダメ人間の宮竹に

待っていたのは、トイレ禁止、

食事休憩2分、の超絶ブラック企業。

4年のパワハラで精神は崩壊寸前。

 

そこからどうにか抜け出す為に

宮竹はヘアサロンで独立開業。

しかし来客0の日々を繰り返し

不安、恐怖、後悔、に潰されそうになる。


しかし愛娘の応援と協力で一念発起。
 

コピーライティングを駆使し、

自転車ポスティング8000枚。

成約率は何と2.5%を超え、

実店舗ビジネスで成功しました。

 

実店舗ビジネスで成功した後、

得意のライティングを活かし

ブログ・メルマガでも月収30万円

をクリア。年収は雇われ時代の

2倍以上になりました。



もっと詳しい実践的なノウハウはメルマガで公開しています。さらに、私がブログやメルマガで稼げるまで実践してきた方法をレポートにまとめましたので、メルマガ登録された方にプレゼントさせて頂きます。


さて、そろそろ人生変えますか!

 メルマガ無料登録は今すぐこちらから!